泥棒に入られました

DSC01330

前に住んでた家(ビーチハウス)では泥棒に三回立て続けに入られました。
三回目には泥棒と私が遭遇したりもしました(思わず what’s wrong? と言ってしまった)。
しどろもどろに言い訳しつつ逃げて行く泥棒の顔をはっきりは見てるんですけど、
三日もすれば記憶がおぼろげになって、
一週間も経てばそこらを行き交う人達みんなが泥棒に見えてきてました。(顔の区別がつかないから)

おかげで今じゃすっかり人間不信。なんてのはまったくの嘘で。
あ、バズは「初めてハワイがちょっぴり嫌いになった」とは言ってました。

三回目の泥棒に入られた日、顔の広いローカルの友人に”大事な物を盗られた”と声を掛けておきました。
すると情報が錯綜しました。
「あそこのコンドに住んでるあいつが盗ったんじゃないかとみんなが噂している」とか。
「あの家の庭に今まで無かった○○が置いてあった。君らのじゃないか?確認しに見に行ってみたら?」とか。
方々から様々な情報が入り混乱しました。

結局、盗られてから一ヶ月ぐらいして、
引っ越しで荷物をトラックに詰め込んでる最中に
近所の顔なじみのホームレスの女性が声を掛けてきて、
「犯人が分かったよ」と教えてくれました。
なんでも、犯人はドラッグを買うお金欲しさに私らの家から盗った物をドラッグディーラーに売ってたそうなんです。
ホームレスの女性から「私が取り返して上げるからちょっと待ってて」と言われたんですが、
もう引っ越すからいいよ・・・・とお断りしておきましたあの忌まわしき日々。

ちなみに盗られた物は私のSUP(スタンドアップパドルボード)とバズのカヤックです。
まあ今はもう吹っ切れてますが、それでもやっぱり私のSUPが今も誰かに乗られてるかと思ったら、吐き気がするほど不愉快です。

DSC0215410

もう帰ってこない私のボードとバズのカヤック。

DSC01934ab