水ハネがひどくて使えないバスルームシンクの Faucet を交換しました

うちのバスルームの Faucet(フォセット) は水ハネが凄いんです。
特に横ハネ。サイドスプラッシュ?

どんな具合に凄いか動画を見ていただくとわかると思います。

見ていただけました?

わたしは別にわざと水が飛び散るように手を動かしてるわけじゃないです。普通だと思います。特別にサイドスプラッシュするよう角度を付けたりもしてません。普通ですふっつー。なのに凄い飛び散り。

このせいで使った後の拭き掃除がもう毎回大変です。だから私は夜の歯磨き以外はこの Faucet を使わなくなりました。旦那は逆で朝の歯磨きの時にしか使いませんでした。夫婦共にほとんどをキッチンで済ますようになりました。

あゝせっかく気に入って買ったカッコいい Faucet なのに。
もっと触りたいのに。
高いのに!←これ一番癪(しゃく)

とまあそのような感じで過ごすこと5ヶ月。この先もこれが続くのは流石に気が滅入るかなと。

旦那が「ストッキングでも被せたら?」とナイスアイデアを出してはくれたんですけど、一時的な事じゃないですからね、ずっとストッキングをびろびろさせておくことになりますよ、それは嫌でしょ。

まあとにかく、手洗い一つ快適に出来ない生活は精神衛生上よろしくありませんし。そろそろ見切りをつける時が来ました。

高かったけどね!

さよならです。

新しい Faucet が Amazon から届きました。

アマゾンで買った新しいFaucet

昨日届いたんです。なかなか重量があって安っぽく見えないのがいい感じです。

**この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。詳しくはサイトポリシーのDisclosure policyをお読み下さい。

アマゾンで買った新しいシングルハンドルFaucet

Derpras Bathroom Sink Faucet. $79.99

色はハンドル部分がクロームで Spout 部分がホワイト。前のと同じシングルハンドルの Faucet です。

しかし今度のはSpoutの口が丸型です。しゅわわーと細かい泡の立った水が出るやつです。あの一般的なやつ。

新しいFaucet

前のは長方形で水の出方が Waterfall というやつだったんですけど、Waterfall は水ハネ一番するタイプだったんですよね。

て、そういうこと事前に知ってればこんなにお金を使うこともなかったんですが。無知は損なりです。

それにしてもこれ、選ぶのには本当に悩みましたよ。

Amazon prime 対象商品で100ドル以下という縛りを設けて探してたんですけど、結構良いのがいくつも出て来てなかなか決められなくなりましてね、五日間くらい毎日悩んでたかな。それでついにこんな記事まで作ってしまいましたよ。

アメリカ Amazon の100ドル以下で買えるちょっと良さげな Bathroom Faucet をリストアップ(Prime対象商品のみ)

ふう。暇人ここに極まれりってやつですかね。私が購入したいと思ったやつを全部リストアップしましたわ。10商品あったかな。まあその中から絞りに絞ってこの Faucet を最終的に選んだわけですが。

では早速シンクに取り付けた様子を見てもらいます。

どーん

新しいfaucet

新しいfaucet

週末に旦那に手伝ってもらって取り付けるつもりだったんですけど、早く使い心地を知りたくてたまらず、今日ひとりでさっさと付けてみましたよ。

Faucet の取り付けは一度もしたこと無かったんで不安はありましたけどね。まあ不安的中というかちょっと間違えましたけどね。

部品が二つほど足りてないような気はしますけどね。

大変だったのは取り外し

ヴァニティーのキャビネットが簡単に外せなかったんでバラして外したんですが、

ヴァニティーのキャビネット

バラした後で、ある場所のネジを2本外せばキャビネットは簡単に外せる事が判明しショッキングでした。

バラしたキャビネット

ヴァニティキャビネットの取り外しから始まって

外したFaucet

うちはバスルームのリノベーションしたばかりだからまだ元栓の開け閉めとか、ホースを締めてるナットだとか簡単に外すことが出来ましたけど、これが古いものだったらサビや水垢でガチガチに硬くなってて大変だったろうなと思います。
うちのようなコンドミニアムの場合だと、たかが Faucet の取り付けでも、古かったら元栓の状態いかんで水の漏れ出しの危険も考えて、建物全体の水のシャットダウンをしておいてもらう必要があるでしょうね。

悩ましかったインストール

Faucet の取り付けは未経験だったので、一応 How to ものの動画やWebサイトを観て学習しましたけど、実際今ある Faucet がどのように取り付けられてるかを見て、自分で一つずつ外していく過程で学ぶのが一番です。

なんて言って間違ってるんで世話ないんですけど。

Faucetの中身

これでいいのかしら?ホースの接続。これ Faucet とダイレクトに繋げたんだけど。

前の Faucet には下記のような銅のパイプがまず接続されてあって、それからホースが繋がってたんですよね。うーんこういうの要るんだったのかなあ。

IMG_4883

このせいか元栓とホースを接続したらピーンとなってしまいましたよ。まっすぐ。余裕が無いほどピンと張ってるわけでもないですけど、ピーンです。なんか変。

faucetのホース

おまけに右と左を間違えました。本当は右に青の線(COLD用)の入ったホースが来て、左に赤(HOT用)の線のホースがこなくちゃいけないようですが、見事に間違えました。

でもこれ、前もHOT用のホースが右に接続されてたから同じようにしただけなんですよね。なんなんでしょうね一体。前はプロに接続してもらってるんですが。

まあいっか、ということでこのままにしてます。

faucet取り付け

Faucet は重くて自立出来ないんで固定が出来るまでは上でこのようなことになってました。マスキングテープが命綱。

この時ばかりは旦那にそばにいて欲しいと思いましたね。支え要員で。

スプラッシュ確認

というわけでなんとか取り付けた Faucet ですが、肝心なのは水ハネの確認です。これも動画で見てもらいましょう。

どうでしょう。多少は水ハネしてますが許容範囲ですよね。水流を弱くすると殆ど無いようですし。前の Faucet ようにサイドに飛沫が飛び散るなんてことがないので良いんじゃないでしょうか。

ただ気になるのは水流の音ですね。今までが割と静かだったんで大きく感じられます。

ではコーキングしてフィニッシュです。

コーキングする前の下準備でマスキングテープを貼ったFaucet

私はコーキングはいつも指で塗ってます。人差し指と小指を駆使するのです。

フィニッシュです

バニティーに取り付けたFaucet

まあ見た目も悪くないんじゃないでしょうか。ちょっと我が家には可愛すぎる気もしますが。

色はクロームにするかホワイトにするかで随分悩んだんですが、水垢が目立たないのはホワイトかなと考えホワイトにしました。塗装がすぐに剥げないことを祈ります。

ああでも未練がましく言うようですがやっぱりスタイルは前の Faucet が一番好きです。

ちなみに前のと見た目がとても似ているデルタの Faucet があるんですけど、これのレビューを見たら”デザインはいいけどスプラッシュがひどくて掃除が大変”みたいなレビューがちらほらとありました。はあもうもっと前に知りたかったわ。

それでは、良きフォセットの選択を。Good luck.