自力でポップコーンシーリングを除去する

DIY

我が家の天井はラナイとバスルーム以外、全てポップコーンシーリングです。

ポップコーンシーリング

70年代頃に流行ったものらしいですけど、現代では好まない人の方が多いようで、取り除かれる事が多いと聞きます。私もポップコーンシーリングは重苦しい気がして好きではないので剥がす事にしました。

剥がすこと自体はとても簡単です。後始末の掃除の方が大変です。

というわけで今日はポップコーンシーリングの除去の仕方をご紹介します。

*ポップコーンシーリングの除去はコンドミニアムによってルールなどありますのでご注意下さい。

アスベストのチェック

まずはポップコーンシーリングにアスベストが含まれていないかをチェックします。アスベストが何かはここでは割愛しますね。

チェックの仕方は、コンドのマネージャーや親切な隣人に聞くと教えてもらえると思います。でももし誰も知らない場合は、お近くの Home Depot などで売られてるチェックキットを使用するといいです。
但しそのチェックキットとは、その場でアスベスト含有をチェック出来るような代物ではなく、ポップコーンシーリングを少量だけ削り取って入れる、プラスチックの容器ですのでご注意下さい。それでそこそこな値段してますんで何も知らず買うと目が点になること請け合いです。

ポップコーンシーリングを入れた容器は専門機関に送ります。返事がいつまで経っても来ない場合があるそうなので、ここでも注意が必要です。まあアメリカではよくある事だと思われます。

そしてチェックの結果でもしアスベストが含まれていた場合は、専門業者に必ず頼みます。金額は1スクエアフィートあたり何ドル、という計算になるかと思います。

それでは、以下はアスベストが含まれていなかった場合の、ポップコーンシーリング除去の仕方です。

用意する道具

・天井に水を吹きかけるのでスプレーが必要です。

私は園芸用のスプレーを用意しました。圧縮した空気の力で水を噴射させることが出来るのでとても便利です。

ポップコーンシーリング除去  園芸用スプレー

ポップコーンシーリング 除去 圧縮ポンプスプレー

・ポップコーンシーリングを剥がすスクラッパー

硬めのスクラッパーがいいです。ポップコーンシーリング専用のスクラッパーもありますが、普通の平たいスクラッパーを買った方がいいと思います。理由は後述します。最適なサイズは、隅をやるのに便利な小さいのと、広い面をやるのに便利な大きいのと両方あると一番良いです。


おすすめスクラッパー


あまりおすすめしないスクラッパー

 

・その他

スクラッパーを装着する長い棒、脚立、マスキングテープ、ビニールシート、防護用メガネやマスク、防護服など。

作業前の準備

作業中は粉塵が部屋中を舞いますので、汚したくない箇所がある場合はビニールシートなどで保護しておきましょう。床にビニールシートを敷いておくと掃除の時にラクですよ。また外へ粉塵が漏れ出さないように注意してください。

防護マスク、防護メガネ、汚れてもいい服(できれば使い捨ての防護服がいいでしょう)を装着し挑みましょう。

ポップコーンシーリング 除去 養生

剥がし方

ポップコーンシーリングに水を吹きかけます。

ポップコーンシーリング 除去

たっぷりと水を含ませたら乾かないうちにスクラッパーで剥がします。簡単に剥がれるんで力は全く必要ありません。

動画を用意しました。
動画ではポップコーンシーリング専用のスクラッパーを使ってます。少しぎこちない動きですみません。 

専用スクラッパーについて

ではここで、ポップコーンシーリング専用のスクラッパーは使わない方がいい理由を述べます。

下の写真をご覧ください。

ポップコーンシーリング 除去 専用スクラッパー

ポップコーンシーリング 除去 専用スクラッパー ゴミ袋装着

この専用スクラッパー、このようにゴミ袋を装着することが出来るようになっています。そうです。このゴミ袋で剥がれ落ちてくるポップコーンシーリング をすぐさまキャッチ出来る仕様になってるんです。

「ワオ!これで床が汚れなくて済むわネ!」とここで喜ぶのは早とちり。

というのもポップコーンシーリングは水を含むと想像以上に重くなります。だから次第にその重さに腕が耐えきれなくなってくるのです。腕力に自信のある方なら大丈夫なのかも知れませんが、私も旦那もそれほど力自慢では無いので、結果、頻繁にゴミ袋を取り替えなくてはいけませんでした。これって余計な手間でしたし、また経済的ではないですよね。

あとゴミ袋を装着できるようになってるその構造のせいで、天井の四隅など細かいところのポップコーンシーリングを剥がす事が出来ません。結局は普通のスクラッパーを使うハメになります。

ですから、私たちはこの専用スクラッパーを使うのはオススメしないのです。

剥がした後

ポップコーンシーリングを剥がした後は、まだ石膏の粉が付着していると思います。水で湿らすなどして綺麗に拭き取りしてください。こびり付いたものはスクラッパーで擦るとはがれ落ちるはずです。

ポップコーンシーリング 除去後

この作業はなかなか骨の折れる仕事で根気が要ります。ポップコーンシーリング を剥がすことより、もっと大変かもしれません。肩や腕の筋肉を壊さないよう、またずっと上を見上げての作業ですので首のコリにも気をつけてください。それでは。