アメリカ移住8年目。ようやっと永住権が取れました。

  • 2016年4月23日
  • 2018年6月17日
  • BLOG

image

本日、移民局から「アメリカ合衆国へようこそ」という手紙が届きました。

それは’’正式に永住権の認可が下りましたよ’’というお知らせでした。

WELCOME TO THE UNITED STATES OF AMERICA

‘WELCOME’という英語が心から喜ばしく感じ取れたのは、アメリカで暮らし始めてこれが初めてかも知れません。

 

実は過去に一度、永住権の申請がアメリカの労働省によって却下されています。

その却下の理由というのも、労働省の難癖というかなんというか・・・

弁護士の不備でもありました。

まあなんにせよ、とにかく納得のいくモノではなかったので、かなり怒りを覚えたものです。

そして労働省から却下された事によって、

明日にでも荷物をまとめて日本に帰らなきゃいけない、

そんな日が突然来ることも覚悟しておかなければいけない、そういう心落ち着かない日々を過ごした時期もあったのでした。

んが、そうした事がありながらも、本日ここにこうして永住権認可の手紙が届きました。

*弁護士を通して異議申し立てをし、再審査をしてもらいました。

 

私、初めて告白します。

じつは禁煙を始めてもう三年ほどになりますが、禁煙をするにあたってこのような呪いを自分にかけてました。

たばこ一本吸うごとに不幸になる。そして永住権が取れない。

恐ろしい・・・・・・我ながら恐ろしい呪いでした。

呪いをかけたあの日のこともハッキリ覚えています。

 

次吸ったら私は不幸になる・・・

そう思って吸った最後の一本は、海を見つめながらでした。

あの頃は海の前で住んでましたからね。

バズ、タバコを吸う

夕暮れ時、吹きすさぶ潮風を顔に受けながら呪詛ったあの日。(写真は旦那のバズですが)

 

でもこの呪いのおかげで、禁煙しようと決めたその日からスッパリたばこを止めれました。

だって一本吸うごとに不幸になるって、強力ですよ。ツタンカーメンも真っ青。

 

私は思います。

叶えたいことがあるなら願を掛けるんじゃなくて呪詛に限ると。呪詛です。効果抜群。

永住権もとれちゃうヨ。*効果には個人差があります。

 

この件はバズにも言ってませんでした。今回の告白が初めてです。本当に。

 

すみません。

なにはともあれ、永住権が無事に取れて凄くホッとしているという事をここに報告致します。

HOORAY!!!

 

HOORAY!って、日本でいうバンザーイみたいな意味の言葉なんだってね。

今日初めて知ってちょっと使ってみた。ひ